リノベーションマンションのメリット

リノベーションマンションは、買った後にリノベーションする際の入居時期と費用の問題が無くなります。
リノベーションマンションを買う場合は、リノベーション費用も一緒に買う際にローンを組むことができるというメリットがあります。
正しく言えば、物件価格にリノベーション費用がすでに含まれているということです。
一戸建て売却のことなら一方、リノベーションを中古マンションを買ってからする場合は、全ての費用を自己資金から捻出するか、リフォームローンを住宅ローンとは別に組む必要があります。
ローンを組む場合には、審査をあらためて受ける必要があります。
また、金利はリフォームローンの方が住宅ローンよりも高くなります。
そのため、リフォームローンを組む方が、支払うトータル額は多くなってしまいます。
そして、メリットは入居時期についてもあります。
リノベーションマンションであれば、契約すると入居がすぐにできますが、リノベーションを買った後にする場合は、すぐに入居はできません。
中古マンションを買った後、工事を管理組合に申請して、許可を得てから工事を行うことができます。
仮に、リノベーションをリノベーションマンションと同等のものを行うのであれば、非常に工事そのものの時間がかかります。
また、必ずしも希望するようなリノベーションが行われるとは限りません。
このようなことから、リノベーションマンションは、買った後にリノベーションするよりもメリットがあるのです。

MENU